40手前で会社を辞めてドイツに来た

初めての主婦生活。アイディンティティーロス。日々奮闘中。

ドテラアロマエッセンシャルオイルは本当に他より良いの???本当に??? その①

ドテラとの出会い

ドテラって皆さんご存知ですか???

私はここ、ドイツに来るまでまーったく知りませんでした。
ヨガの友人がドテラを使っていて、そこで初めて知りました。

調べてみるとドテラは店舗などは持っていなく、会員にならずとも購入はできますが、会員になる=卸売価格で購入希望の場合は紹介が必要なようです。元々臭いにものすごーーーーーーーく人一倍敏感で、アロマの香りは大好きな私。(家では犬と呼ばれている)
ドテラがそんなにいいなんてどんな香りなんだろう、一度使ってみたいな。。。とは思っていたものの、何せお高いんです。
生活の木とかと比べるとそんなにお値段変わらないように思いますが、そもそも生活の木だって効果だから1本買ってみたっきり。。。
ドケチな私です💧

でも、その友人のSNSへの投稿を見ているうちにやっぱり一回その香りを体験してみたいなーと思った私。BOGO(BUY ONE GET ONEキャンペーン)が先日やっていたので、友人にコンタクトしてみました。
そして遂にゲットすることになりました!
会員にならずとも商品を購入することはできるのですが、会員価格と参考小売価格は1本あたり1000円ほど異なるため、2本購入するなら会員になった方がお得とのことで、悩みましたが(←やっぱりケチ。会員費用は年間2000円ほどです)好きだったら、1年以内に絶対2本以上購入するだろうな・・・と思って会員となりました。(※会員=ビジネスをするわけではありません。卸価格で購入が可能ということです)

他社と比べる。曇りなき眼で見定める!!!

さてさて、ものすごーく疑り深く、何でも自分で確信しないと気が済まない&ケチな私。
ドテラが良い良いといったって、だって他の会社はオーガニック認証受けていてもう少し安いんだよ。
ドテラは品質が良いから、じゃなくて別の理由で他よりやっぱり高いんじゃないの???とどこまでも斜めから見ている私。
同時に他のブランド、できれば最高級と思われるブランドで試したいと思いました。
・・・というわけで調べてたどり着いたのが、フランスの会社florihana。(日本の会社でもあるのかな?flori HanaのHanaは日本語の花から来ているそうです。日本には直営店があります。こちら。直営店がないほうが100€注文したら送料無料(65カ国?)だし、良さそうですが・・・😅ちょっと1本買いたいとかなら直営店がある方が便利ですね。)

こちらのflorihana、オーガニックでUSDA認証もECO CERTもJAS認証もAB(AGRICULTURE BIOLOGIQUE)もEU BIO QUOLITÄTもとっているんです!!!そんな物凄いクオリティ高そうな、そしてレビューもすごく高い(めちゃめちゃ読み込みました!←暇人・・・💧プレゼンテーションの準備はどうしたと言いたいところ)ものと比べてもドテラの方が高いんです。ペパーミントは8ユーロほどですが、フランキンセンスに至ってはドテラのお値段は倍近い!(フロリハナのフランキンセンスは15mlで27€です)ドテラはその植物が一番効果を発揮できるオリジナルの土地の農家と契約し、生産しているからエッセンシャルオイルのクオリティが他と比べて高いとのこと。でもフランキンセンスはドテラと同じソマリアから、コパイバもドテラと同じブラジルからベルガモットはもちろんイタリアから・・・というわけで、フロリハナも相当こだわっていそう!

だから!!!比べてきっと「フロリハナの方がやっぱりいい香り、または、大して変わらないじゃない。やっぱりこっちで買うわ」ってなることを予想しつつ、でもとてもピュアで全ての1つ1つのボトルが第三機関のテストを受けていて、全ての農家と契約し生産し、その生産者に正当な料金を支払っているというドテラのエッセンシャルオイルを楽しみに待つこと約2日。

ドテラが届きました。

箱を開けた瞬間からものすごーく良い香りが漂います。AVEDAのような。

ドテラ高い高いって思っていたけれど、avedaも日本で買ったら相当お高いことに突然気がつく・・・。

後から注文したフロリハナを待つことたった1日でフランスからご到着!
フロリハナは遮光のため1瓶1瓶アルミ缶がついています。親切!

というわけで、ペパーミント同士、ラベンダー同士を比べてみました。

長くなってしまいましたので、比べてみた詳細はまた次の記事で!

今年のバカンスは・・・ギリシャからの南フランスからの結局イタリア

こんにちは。さてさて、休暇先はイタリアとなった我が家です。

題名の内容はこちら。

hummel-life.com

今回の宿泊先はこのあたり。

ヴェネツィアにほど近いキャンプ場です。

海ーーーーー。

8時間かかって海にたどり着きました!海より山派でしたが、最近海の良さもわかってきたような・・・と言っても、もっぱら食べること、つまり海鮮が目的!ですが。。。美味しい魚介が食べられることが何よりも幸せです。

キャンプ場にはレストラン、アイスクリームショップ、スーパー(パン屋も入っています)、遊具が揃った公園、プールなどなど施設内で全て事足りるようになっています。

もちろん魚介!右端に見えるのは何とウナギ!!!

1週間滞在中の1日はヴェネツィアに行くことにしました。陸路で行くと遠いのですが、船なら近い!ヴェネツィアには学生時代に1度行きましたが、海から見るのは初めてです!

この時期のイタリアは暖かくも爽やかで、とっても快適でした!

コロナでアジアからの観光客はほぼ皆無。ゴンドラのおじさんたちは声はかけてくるものの、乗らないって言ったらオッケーって感じで、また会話を楽しんでいる。その気楽さ!人生を楽しむ!イタリアだわー!!!と思います。

キャンプ場の醍醐味は催し物が毎日あったり、友達がすぐにできること!
子どもたちはお友達と海で遊んだり、プールで遊んだりしてとっても楽しそうでした。

そして海はやっぱり朝日か夕日を見たい!ということで、ほぼ毎朝、朝日を拝みに行きました。

帰りはヴェローナに立ち寄ってからスイスと国境を接するイタリアの小さな村のAirbnbに1泊することにしました。ヴェローナも学生の頃1度行きましたが、こんなにおしゃれな?ブランドのお店がたくさんある街だったんだ!と初めて知ることに。学生の頃は貧乏すぎて、そんなものには目もくれていなかったってことね。
でも、コロッセウムでオペラを観賞したのは本当に良い思い出です。
貧乏でもお金を出して本物に触れることができて良かったとあの時思ったのを思い出します。

ところで・・・
いつも思いますが、Airbnbのオーナーってセンスが良いなあと。

この国境の街?村?なかなか良かったので、Airbnbもリピートしようと思っています♡

コロナの最中ではありますが、こうして休暇を楽しむことができることに感謝です。

皆さまも心身共に健康で毎日を過ごすことができますように⭐︎

もうすぐ小学生になる長男と過ごす1日

こんにちは。昨日あたりから夏はもう終わってしまったのか・・・という気温の南ドイツです。今日の最高気温22度・・・。靴下履いていない足元が若干寒いです。

さてさて、今日から3週間の夏休みが終わり、幼稚園が始まりました!!!👏

というわけで次男くんは本日から幼稚園。なのですが、今年から小学生になるもうすぐ7歳の長男くんが学校に行く日までの日数を数えてみると、何と・・・27日!!!

今までは2人で遊ばせたり、2人を公園に連れて行ったり、自転車ツアーやったりしていましたが、1人になった途端何をすれば良いのか分からなくなりました。

もちろんもうすぐ小学生なので、勉強はもちろんですが。
勉強ばかりするわけにもいかないので、何かしようというとレゴで遊びたいという長男。
レゴを作るのは好きですが、レゴでごっこ遊びをするのはニガテ・・・。

世の中のお母さん達、ごっこ遊びどれぐらい付き合っていますか???

次男がいないからこそできることを思いつきました

料理ができる男子を目指して一緒にお料理(またはお菓子作り)

時間がある今、そして何でも兄と同じぐらいできると思い込んでいる弟がいないので、ここぞとばかりに包丁を使わせたり、料理をするのを楽しんでみることにしました!

早速ピーラーでニンジンを炒め物用に作ってもらったり、ネギを切ったり。。。

炒め物もしてもらいましたが、腕が疲れた・・・と言ってすぐに交代となりました・・・。

ここぞとばかりに自転車で遠くまで出かける?!

4歳になる手前で自転車が乗れるようになっちゃった次男くん。自転車大好きなので、いつも一緒に結構遠くまで出かけていました。が、4歳児がいないからこそ、もう少しスピードを出して、もう少し気楽に2人で遠くまでサイクリングできるかも?

f:id:hummelinks:20200825201014j:image

 

他に・・・

アイディアがありません!泣

皆さん、何をされていますか???

私、子どもを育てる才能に欠けているアイディアが思いつきません。
本当に専業主婦が向いていない・・・と痛感するこの1年半。

いつになったら成長できるのでしょうか。

子どもとたくさんのことを楽しめる、成長を楽しめる、毎日が充実した母になりたいものです。

ルツェルン週末旅行。スイスの物価の高さに驚き!!!

こんにちは、Hummelです。国境が開いてしばらく経ちました。
天気が良い週末!があったので1泊2日でスイスのルツェルンまで行ってきました。

道のりは約2時間ちょっと。距離的にはかなり近いのですが、スイスの道路はスピード制限がかなり厳しく、あらゆる場所にカメラが設置されているそうです。そのため、スピード制限にはかなり慎重になるため、スイスに入ってからが結構時間がかかりました。(因みに皆様ご存知の通りドイツのアウトバーンは速度制限がありません。130km/h はむしろ安全運転ぐらいのように思えます)

さて、お昼の前にルツェルンに到着しました。ちょうどウィークエンドマーケットがやっています。ちょっと覗いてみると物欲しげにしている子ども達にパン屋さんがパンをくれました。なんと優しい❤️しかし、もらったにも関わらず、まだ欲しそうな子ども達・・・何か買ってあげようかなとお値段を見たところ、ジャムのようなものを挟んだクッキー1枚で3CHF!!!(1CHF 1€未満)高っ!!!

美しいフラワーショップをいくつか見かけました💛

ルツェルンと言えば・・・のお決まりの橋をパシャリ。

せっかくなので旧市街をじっくりゆっくりと歩きたいのですが、そこは落ち着きのない2匹の子犬連れ。もちろん無理・・・ということで、お昼を食べることにしました。私はマーケットの何かを買ってそこらへんで食べれば良いかと思っていましたが、せっかくだからということで、レストランで着席して食べることにしたところ・・・

着席すると、「こんにちはー!日本人の方ですか?」と日本人に見えない褐色の美人な日本人のウェイターさんに声をかけられました。こんな素敵な場所に住まい働く日本女性。素敵です。と思いつつメニューを開いてみると、想像通りというか想像を超えたお値段設定!

1皿23CHF以上!!!の設定のランチ達。

というわけで選択の余地なく23CHF前後のメニューを3皿頼みました。オーマイゴット!!!

さてさて、注文の品物が出てきました。

え・・・・これは・・・前菜ですか???

と思えるほど何とも上品なこじんまりとしたお皿。

普段ドイツの提供される量に え・・・2人分ですか??? と毎回驚きを隠せないのですが、それに慣れてしまっていたのか、否慣れていなくとも、倍のお値段で2分の1の量のお食事に驚く私・・・。

まぁチーズがたっぷーりと使われていて、カロリー的には充分だと思われます。

ドイツ人が体格が良く、スイス人にスリムな人が多いのは、この食品の物価の高さ故ではないかという考察を立てている私でございます。だって、レストランで出てくる量がそもそも違うし、もちろんビールはめちゃくちゃ安いドイツ。そりゃぁ大きくなっちゃうよね?!

さてさて、何とも高価なランチを終えた我々は折角なので湖の船に乗ることにしました。

2時間半のコースか2時間のコース。子ども達が2時間半も船に乗っていられるのか不安だったので、2時間のコースにしましたが、2時間半のコースの方が景色は綺麗だそうです。←お値段も50CHFほど高くなりますが・・・。

お城のようなお家をいくつか眺めつつ、これは大金持ちの別荘なんだろうか・・・などといったくだらないことを考えつつ、綺麗な景色に癒されます。

クルーズを楽しんだ後はずっと頭が痛かったので、日本を離れて以来のスタバ様でテイクアウトすることにしました。

頼んだものは普通のアメリカンコーヒー。何かミルクを入れますか?ソイ、オーツミルク、ミルク、〇〇あります。と仰ったので、ではオーツで❤️と頼みました。

お会計に進むとお値段なんと7CHF!!!

さすがスイス・・・。ただのアメリカンですよ・・・。

サイズはミディアムを頼んだはずですが、こちらのミディアムはグランデサイズなんかな?なんか大きく感じました。1年以上ぶりのスターバックス様。そうそう、ストローが廃止されたんでしたね。新しい形状のカップに驚きつつも、全然飲めるし、むしろ最初からこれでよかったんじゃん!と思えるプラスチックカップでした。
氷がたっぷり入っていたので、暑さを凌ぎ、頭痛もなくなり、お高いアメリカンでしたが、1年以上投資していないんですから、OKでしょう。

日本にいるときはいったいどれほどスタバ様にお金を使っていたのか、わかりませんが、便利な世の中だとチャリンチャリンとお金を使いますね。

というわけで、1日は過ぎたのでした。

2日目に続く・・・

全て飲み干した後ですが・・・記念に💙 Americaniになっている・・・。

ドイツの幼稚園卒園します!

7月30日(木)の午前中で幼稚園は夏休みとなります。今年の秋から小学生になる長男は小学校が始まる9月の半ばまで長い夏休みが始まります。先日卒園式的なものがありました。
が、どうにもあっさり!笑
コロナというのもあるかもしれませんが、先生達からのプレゼントを受け取り、子どもはトランポリンみたいなものに先生に投げられバイバーイというものでした笑

涙なしではいられない、日本の保育園や幼稚園の卒園とは大違いのこのサラッとしたあっさりさ。
お国が違うとこうも違うのかと驚きます。

やっぱり日本って集団で一緒に何かを作り上げるということに就学前からすごく力を注いでいるなと感じました。
だからこそ日本は和を乱さないみたいなところに美徳があり、それが良い点でもあると思います。
一方、個人に重きを置いているヨーロッパ。集団で何かをみんなで何回も練習して作り上げようみたいな機会は圧倒的に少ないです。

家に帰ってからもらったものを見てみました。

一つは子どもの写真が転写されているお弁当箱。
そしてもう一つは子どもが幼稚園でどんな活動をしていたかなどのファイルです。
ここには子どもの活動の様子やそれに対する先生のコメントがびっしりと書かれていて、集中して物事に取り組んでいる様子がわかりましたし、それに対する先生方の温かい姿勢を感じることができました。

1年ちょっとでしたが、温かく見守っていただけ、幼稚園に楽しく通えたことに感謝です。

1ヶ月半の長い夏休みのあとはいよいよ小学生。ドイツの小学校はなんと12:30に毎日終わるそうです!
12時半の後は一緒に昼ごはんを食べて宿題をやったり、友達と遊んだり。なんとも自由で羨ましい一方、どうやって過ごすのかかなり前から悩んでいます笑

日本にお住まいの方でもヨーロッパにお住まいの方でも、どのように過ごされているのか教えていただけたら嬉しいです。

朝の習慣をつくる3つのヒント

皆さんは朝をどのように過ごしていますか?

私は日本では、朝起きて食事を準備し、保育園の用意をし、子どもたちを起こし、食べさせ、着替えさせて、歯磨きをし、なかなか履かない靴を急いで履 かせ、ぐずぐずしている(子どもはただ子どものペースで動いているだけなんですけれどね)子どもたちを早く早くとせかし、ドタバタと保育園に送る・・・何 とも余裕のない朝を過ごしていました。

ここ、ドイツに来てからは、もちろん今は仕事をしていないので、余裕があり、また長男もまだ小学生手前のため、そんなにどたばたストレスをためている事もありません。

ただやっぱり朝の過ごし方によって1日の効率というのは随分違うなと感じたので,ここでシェアしたいと思います。

1度早起きして外に出てみる

早起きをし、浜辺へ行き、毎朝綺麗な朝日を満喫している友人を横目に私も早起きになりたいなーと思っていたこのごろ。

2020年後半の始まりの7月1日。私は6時に目が覚め、ちょっと起きて外の空気をすってみようかなという気分になりました。ベランダに出てみると 何とも良い空気感。そのまま外に出たい衝動にかられ、歯磨きを軽くし、顔を洗い、さっと着替えて散歩に出てみることにしました。小鳥のさえずり、風、空の 色が変わって行く様子、太陽の光があたる家の屋根、そんな光景を見ながら散歩し、この地球が回っていて、いつも朝が来て、自然と共に生きている、グラウン ディングという言葉やコネクションという言葉が思い浮かぶような、とにかく地球とつながって生きているんだなと感じる朝の散歩は何とも気持ちがよいもので した。

明日もこの景色を見たい!と思って、朝の散歩をルーティンとしたいなと思えた1日。

とりあえず体験として一度早起きして外の空気をすってみる、外を歩いてみる。おススメです。

f:id:hummelinks:20200706215016j:image

モーニングルーティーンを作る

皆さんのモーニングルーティーンはありますか?
私はまだこれといったものがないのですが、今試しているものはアーユルヴェーダの中で朝の毒 出しとされているオイルプリングです。朝起きて、歯をささっと磨いたら、オイルを小さじ1杯口に含み、2分ほど口の中で泳がせるというものです。ピッタタ イプの人はココナッツオイル、ヴァータやカッパタイプの人はセサミオイルが適しているそうです。
その後、スプーンで舌苔を綺麗にします。
この毒出しがどれぐらいの効果があるのかは、未ださっぱりわかりません。
ただ、やっていて気持ちが悪いとかそういったことはないので、気が向いたらやってみています。(毎日やらないと効果がなさそうなので、これからは毎日を心がけてみたいと思います・・・)

時間の使い方が上手な人は必ずといっていいほど、モーニングルーティーンを持っている気がします。
自分が好きなこと、気持ちがよくなるこ と、それは高級な美味しいお茶を飲むでも、美味しいチョコレートを食べるでも、大好きなアロマの香りを楽しむでも何でも良いと思います。セルフケア=自分 が喜ぶこと、自分へのご褒美、楽しみの一つを朝に持ってくると、1日が充実して過ごせる、そんな気がしています。

もちろん・・・早く寝る!

早起きをしたいと思ったとしても0時以降に寝ていては、もちろん寝不足です。できればゴールデンタイムと言われる10時前には就寝しているのが理想 です。とはいっても忙しい、残業が多い日本の社会の中では難しいこともあるかもしれません。ただ可能な限り、夜はリラックスする時間とし、早く寝ることが 朝の習慣を作る条件だと思います♡

やっとやっと!!!幼稚園が始まりました!

すっかりご無沙汰しております。色々やりたいことがありすぎて、日々格闘しつつもSNSにかける時間も多く、もう少し時間を有効に使えるようになりたいと決心しました!

 

さてさて、3月半ばからのながーーーーーーーーーーーーい休みに入った子ども達ですが、やっとやっと!!!今週月曜から通常通り幼稚園に行ける日々が始まりました!

嬉しいーーーーー!!!

 

といっても7月末にはまたながーーーーい3週間の休みに入る上に、今年の9月から小学生となる長男はそのまま小学校が始まるまで休み・・・=9月中旬までまた1ヶ月半休み・・・・(チーーーン)

 

子どもの笑顔とか嬉しそうな顔を見るとこっちも嬉しいし、可愛いなと思う瞬間は日々あり、それを体験させてもらえること、みんなが健康であることは本当にありがたいことなので、感謝!!!なのですが、やっぱりやっぱりバランスって大事ですよね。

f:id:hummelinks:20200701181707j:image


毎日毎日、1日中一緒だと、自分がやりたいこともできないし、やりたいことができないけれどやろうとするから、どっちも中途半端。子どもとの時間もマインドフルに過ごせていない自分に嫌気&反省しつつも、自分がやろうとしていることが進まないことにもストレス。
私が、そういう時間の使い方が究極的に下手というのもあると思います。(&我が家の長男はあまり1人で遊ぶことが好きではありません)

 

上手な人は多分自分の時間をしっかりある程度集中的に確保しつつ、子どもとの時間もしっかり集中している。

これが理想なのですが、現実、私はそれができず日々格闘しておりました。

 

私はヨガが好きで細々とですが、ずっとヨガをやってきたので、ヨガの勉強を昨年末から始めました。(といっても実際にちゃんとやり出したのは4月ですが)←これがやりたいことなのですが、ヨガの哲学で学んでいることと、自分の日々の生活がなんと遠いことか!!!


ボディとマインドのバランスを取ることがヨガの一部で、それを学んでいるはずなのに、むしろそれを学ぶことを優先し、家族との時間に集中できないという、何とも皮肉な結果・・・その現実と格闘の日々でした。

 

でも、その状況、そして自分の状態に気がつく事、今ある状態に気づき、認め、受け入れることもヨガ哲学の一部。そこに気がつく事ができたこと、そしてそこから学んでいくこと、それが今なのかなと、これを書きながら考えています。

 

とにかく時間がまたできた今、マインドフルに日々を過ごしていきたいと決意した2020年後半1日目でした。